価値が分からない骨董品の査定を依頼してみよう

価値が分からない骨董品の査定を依頼してみよう

アンティーク

骨董品を買取店に査定してもらう

骨董品はアンティークとも呼ばれています。こちらは「美術的な価値」や「希少価値」を持つ「古美術」や「古道具」などが対象になります。骨董品にはいろいろな種類があり、本物かどうか見分けが付かない場合も少なくありません。そのため、骨董品を見つけたときは買取店での査定をおすすめします。骨董品の買取査定は、複数のお店で受けましょう。また、お店の評判や、熟練した鑑定士が在籍するかなども確認しておきたいですね。

虫眼鏡

まずはお店に電話して査定の予約

骨董品の買取を希望するときは、買取店に査定を依頼します。査定方法として「持ち込み」と「出張査定」が知られています。 
まず、査定日時の予約が必要です。電話予約をするときは、通話可能な曜日や時間帯を確認しましょう。電話をかけると、査定対象になる品物の状態などが問われます。電話の前には、質問事項をまとめることが大事です。査定費用や出張費用の有無は外せません。なお、FAXやサイト内から照会する方法もあります。品物の画像を添付できる場合は、オンライン査定フォームがおすすめです。

お金

査定後振込や現金のやり取りが行なわれる

査定金額に納得できれば、対象となる品物の買取が成立します。もし、査定金額に納得できない場合は、買取を辞退しましょう。買取店への遠慮もありますが、断る勇気を持つことも大事です。ちなみに、買取代金の支払は振込や現金で行われますが、こちらは事前に聞いておくと安心できます。なお、品物に「鑑定書」などが付いている場合は、必ず用意しましょう。また、買取に際しては「身分証明書」の提示が求められますので、こちらも忘れないようにしてください。

持ち込みと出張査定を比較してみよう

持ち込みがおすすめなのは?

気軽に立ち寄れることが大きなメリットです。査定額によっては持ち帰る可能性もあるため、品物の持ち運びが苦にならない場合におすすめです。

出張査定がおすすめなのは?

お店が遠い人、持ち運びが大変な品物の買取を希望する人は出張査定が便利です。しかし、自宅の中を見られるなど、デメリットも考える必要があります。

広告募集中