価値のある切手は骨董品買取業者が買取してくれる

切手を収集している人は多い

郵便の発送には欠かせない切手ですが、その収集に興味を抱く人も少なくありません。珍しい切手を持っている人は、買取を検討してはいかがでしょうか。

日本切手と中国切手はどうやって見分ける?

日本切手の特徴とは?

何らかのイベント時に発売された記念切手などが人気です。「日本郵政」「NIPPON」の記載が目安になります。

中国切手の特徴とは?

赤猿やパンダ、毛主席に関連する切手が代表的存在です。「中国人民郵政」の文字が目安のひとつです。

価値のある切手は骨董品買取業者が買取してくれる

骨董品

興味がないなら専門家に譲ろう

骨董品にはいろいろな種類があり、大きさもさまざまです。また、保存方法も異なるため、骨董品の存在を知らない人もいるかもしれません。実際、遺品整理などを機に発見することも少なくないのです。もし、骨董品に興味がないなら専門家に譲りましょう。お得な価格での買取も可能です。

スーツの人

屏風や掛軸は海外でも人気

骨董品を目にすると、その時代背景が思い浮かびます。間仕切りや装飾に使われた「屏風」、季節感などを取り入れた「掛軸」は代表的存在ではないでしょうか。日本の伝統を身近に感じられるこれらの品物は、国内だけでなく海外でも人気があります。

電卓を持つ人

壺類は非常に高価なものもある

陶磁器の存在にも注目されています。そのひとつ「壺類」には非常に高価なものも少なくありません。土の素材を味わえる「陶器」、繊細な絵付けが魅力的な「磁器」、それぞれに特徴がみられます。なお、壺類以外として食器や置物なども有名です。

お金

絵画なら作家を確認しよう

日本画や洋画など「絵画」の需要も大きいです。査定に際しては、作家を確認することが大切なポイントです。そのうえで、お店を探すことも方法のひとつです。また、絵画の価値は判断が難しいため、無名作品だと思い込まないで査定を受けましょう。

鑑定士のいる買取店を探すのがポイント

骨董品の買取は鑑定士のいる買取店を探すのがポイントです。骨董品買取を京都で希望する人も参考にするとよいでしょう。

広告募集中